blog

Page Speed

ページ表示速度を改善するとSEOになるのか?

確かにSEOにはなりますが、極端に遅いページでない限りSEOへの影響は小さいものと考えられます。

対象となるのは、ユーザーがかなり遅いと感じるようなページのみで、ごくわずかな割合のクエリにしか影響しません。

ではページ表示速度の改善はする必要がないのでしょうか?

離脱率への影響

Webサイトの改善に着手しようと思ったときになんとなくSEO...ということもありますが、より大きな視野で見ることが大事です。

ページ表示速度の改善はページの離脱率にも大きく関係しています。

検索してたどり着いたページがなかなか開かなければ、戻るボタンを押して別のページを見る...そんな経験は誰にでもあるかと思います。

Googleによれば、読み込み時間が1秒から3秒増加した場合、離脱率は32%、1~5秒の場合は90%、1~6秒の場合は106%、1~10秒の場合は123%上昇することが報告されています。

Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed

©i-click・plus Co., Ltd. All rights reserved.